自分育ての人間関係~悩むのもヨカ、楽しむのはもっとヨカ♪~

人間関係を楽しくすれば人生が面白くなってくる♪

*

異動で後輩が上司になったら

      2018/03/03

 

今日のキーワード
【立場に捉われない】

いつもありがとうございます。
お話しに入る前にブログランキングURLを
クリックしていただけると嬉しいです。
http://blog.with2.net/link.php?1843522

 

こんにちは心理カウンセラーの
有山隆文、ありちゃんです。

 

最近、、気になる言葉があります。

それは『立場』です。

何気なく使っていますが、
しっかり理解してないと人間関係がこじれる
そんな感じを持っています。

 

例えば
会社の人事異動で後輩が上司になりました。

昨日まで名前を呼び捨てにしていたのに
今日からは役職かさん付けで呼び敬語を使います。

環境の変化に双方がうまく対応しないと
ギクシャクした関係性になる可能性が高まります。

 

上司になった人は立場の威厳を持とうと
必要以上に強い命令口調や態度に突き進むことも。

部下になった人は立場の逆転に対応できなくて
必要以上に反抗的な気持ちになったり
またはそれを抑え込んでイライラしたりもします。

それはある程度は仕方ないことだと思いますが
仕事を円滑に進める上では障害となるでしょう。

それにその確執が周りに見えると
仕事自体がうまく回らなくなります。

その原因はなんでしょう?

 

組織の役職や仕事の内容ではなく
それぞれの感情が大きな原因と思われます。

後輩から上司へと立場の変化に
双方が自分の感情面ばかりに意識を向けると
感情的な言動に繋がってきます。

人事異動に戸惑いや不満を持ったままでいると
自分から歩み寄ろうとしなくなります。

 

じゃぁ、どうしましょうか?

こんな方法もあります。

それぞれが

『これからどういう関係性を持ちたいのか?』

これをしっかり考えイメージすると方法が見えてきます。

「おめでとう、これから部下としてサポートするよ」

「ありがとうございます。応援よろしくお願いします」

こんな言葉を交わしたりすると

「じゃぁ、先輩として最後のおごりで飲みに行くか?」

「はい、後輩として遠慮なく最後のタカリです(笑)!」

こんな会話になったら良いですよねぇ。

 

自分の感情をしっかり感じてこれから
どんな関係性で居たいのかをイメージすると
行動が見えてくると思うのです。

立場に捉われると大切なものが見えなくなるから
自分がどんな感情でいたいのかに意識を向けると
こんがらがった感情の紐がほどけてきますよ。

 

春は異動のシーズンでもあります。

どんなことがあっても立場だけではなく
自分の感情もしっかり見てみませんか?

ポカポカ心地よい春を迎えましょうねぇ~♪

 

今日のキーワード:
【立場に捉われない】

 

追伸:

★新発売ですよ~♪
ベネッセが運営する教育サイトUdemiで
私の新講座が公開されました。

動くありちゃんを見に来ませんか?
今なら新着キャンペーンでめちゃお得になってます!

『アナログ的に学ぶ、夢を実現するための
自分スタイルの目標設定と行動のつくり方講座』
https://goo.gl/2hFUuK

夢は生きるエネルギーです!

自分らしい生き方は夢を実現しようとする
日々の生活の中にあると思うのです。

あなたはどう思いますか?

・・・つづきはメルマガで・・・
メルマガでは時々特別音声でちょいと深~いお話も!
URLをクリックしてメールアドレスを登録してくださいね。
今、登録してくださると特別プレゼントもあります。
http://mail.os7.biz/m/OmC5

 

===================
★facebookページ
https://www.facebook.com/arichan117/
★メルマガ
『自分育ての人間関係』
http://mail.os7.biz/m/OmC5
★facebook
https://www.facebook.com/takafumi.ariyama
★全電子書籍♪
http://goo.gl/4m5I9g
★YOUTUBE「ありチャンネル」へ
https://goo.gl/HIhjZZ
====================

 - 自分と職場の人