自分育ての人間関係~悩むのもヨカ、楽しむのはもっとヨカ♪~

人間関係を楽しくすれば人生が面白くなってくる♪

*

歳をとるほどに子供に戻っていけばいい!

      2017/07/04

(上高地の二輪草)

 

今日のキーワード:
【歳をとるほどに子供に戻っていけばいい】

 

いつもありがとうございます。
お話しに入る前にブログランキングURLを
クリックしていただけると嬉しいです。
http://blog.with2.net/link.php?1843522

 

こんにちは心理カウンセラーの
有山隆文、ありちゃんです。

 

『歳をとるほどに子供に戻っていく』
こんな話を聞いたことがありませんか?

 

頑固になるのなら私を含めて
周りにいっぱいいるけれど、、、(笑)。

 

この言葉の意味は何となく知っていても
実感がなかったのですが今はわかります。

 

実は私の父は脳手術の後、
要介護4と認知症で入院リハビリを受けているので
毎日母とお見舞いがてら話をしに行っています。

 

認知症には楽しい会話が必要と聞いたものですから。

 

結婚65年の夫婦の会話は
なかなか見ごたえ、聞きごたえがありますよ(笑)。

 

父はその世代の代表のような古い価値観の人で
若い頃から自分中心の頑固な人でした。

 

自分の気持ちを決して表現しないで
「言わなくてもお前たちが解れ!」
というような考え方の人でした。

 

だから母に対しても
「家事をするのは女房として当たり前!」
と思っていたのでしょうね。

 

そんな父が認知症になって
一人で入院生活をしていると
毎日の母と私の訪問が嬉しいようで
「ああ、大好きなお母さんが来た♪」
とニコニコベットから起き出します。

 

母も笑いながら
「そんな事言われたことなかったわ♪」
満更でもないようにニコニコしています。

 

そんな二人の様子を見ていると
ほんわかした空気を感じながら
私もつられて笑ってしまいます。

 

帰りの車の中で母と話すと
「今まであんなん言われた事なんか
なかったもんねぇ~。
ボケてから言わんでも・・・(笑)」

 

そうですね、
母の気持ちはわかるような気がします。

 

出来れば認知症になる前に
聞きたかった言葉でしょう。

 

でも、
残念な気持ちよりも嬉しかったのだと思います。

 

ひょっとしたら
父からの65年分の言葉の空白を
埋められたらと思っているのかもしれません。

 

父のほんのひと言で
10年はカバーできるのではないでしょうか(笑)。

 

あと5回、何とかなって欲しいものです。

 

いや、きっと何とかなるでしょう。

だって65年間もの夫婦としての繋がりがあるのですから。

 

今日のキーワード:
【歳をとるほどに子供に戻っていけばいい】

 

・・・つづきはメルマガで・・・
メルマガでは時々特別音声でちょいと深~いお話も!
URLをクリックしてメールアドレスを登録してくださいね。
今、登録してくださると特別プレゼントもあります。
http://mail.os7.biz/m/OmC5

 

★有山隆文のメルマガ
日々の生活の中で役に立つ
人間関係改善のちょっとしたヒント
時々、音声や動画も使ってお伝えします。

無料メルマガ『自分育ての人間関係』
こちらをクリックすればあなたのお手元に届きます。
http://mail.os7.biz/m/OmC5

★有山隆文のfacebook
フォローして頂けると嬉しいです!
https://www.facebook.com/takafumi.ariyama

★有山隆文の全電子書籍♪
Amazonのページへ
http://goo.gl/4m5I9g

★YOUTUBE「ありチャンネル」へ
人間関係を改善するヒントのyoutube動画セミナー
https://goo.gl/HIhjZZ

 - コミュニケーション, 自分とパートナー