自分育ての人間関係~悩むのもヨカ、楽しむのはもっとヨカ♪~

人間関係を楽しくすれば人生が面白くなってくる♪

*

親子の人間関係~頑固な相手には変化球(笑)~

      2016/03/31

CIMG0289_1600

 

★ありゃまぁ、ツネオさんとヨシコさん♪
少し認知症のツネオさんと元気なヨシコさんと
のんびり息子ありちゃんの毎日♪

認知症のツネオさんは言い出したら
頑として聞かない時があります。

元々頑固な人ではありましたが
認知症になって子供の様になってきました。

 

朝食の後いつものようにヨシコさんが
薬を飲ませようとしました。

「爺さん、薬を飲まなねぇ」

「お腹がゆるいのは薬のせいやけ飲まん!」

「いつもの薬やん。お腹の薬はないよ!」

「いや、飲まんちゅたら飲まん!」

ツネオさんの頑固さが絶好調です(笑)。

 

ヨシコさんが私にそっと言いました。

「あんたが飲まし!」

少し時間をおいてツネオさんに聞きます。

「はい、薬だよ!」

ツネオさんは手のひらに置かれた薬をじっと見て

「飲みたくないがなぁ~」

「今飲むと?あとで飲むと?
今飲んだら?はい、水ね!」

「今飲もうか」

ツネオさんはおとなしく薬を飲みました(笑)。

 

認知症には子供の様にわがままになることがあります。

そんな時はまともに直球勝負して
言い張っていたらどんどん意地になって
事がこじれてしまいます。

当人が頑なになったら時間を置くのも手。

 

そして、YESを前提に二択で聞いて
自分で選ばせてあげます。

「こっちのYES?あっちのYES?」って(笑)。

当人は自分で選んだのだから納得しちゃうのです。

 

勝負球はなにも直球だけではありません。

時間差も、代打も、変化球もありです(笑)。

 

要は当人に気持ちよくやってもらえれば良い!

互いがイライラしないことが介護のコツです。

ストレスにならないように
良い方向へ行くように
勝負所での変化球もありってことです。

 

これは子供にでも使えますよね。

いや、ひょっとしたらパートナーにも(笑)。

 

女性の皆さんは賢いから
すでに使っているのかもしれません(笑)。

 

さあ、
今日も素敵な一日にしましょうねぇ~♪

 

 

★こんな介護の日々の笑いを綴った本が出来ました。
笑いのパワーで世界を優しくしましょうねぇ~♪
題名『介護が辛いと思った時に』
サンプルもご覧いただけますよ。
http://goo.gl/VjTALO

 - 自分と親