自分育ての人間関係~悩むのもヨカ、楽しむのはもっとヨカ♪~

人間関係を楽しくすれば人生が面白くなってくる♪

*

認知症の人との話す時の注意

      2016/04/05

091104阿蘇 114_1600

★ありゃまぁ、ツネオさんとヨシコさん♪
少し認知症のツネオさんと元気なヨシコさんと
のんびり息子ありちゃんの毎日♪

 

朝食の時にヨシコさんが

「爺さん、
明日はデイサービスお休みやけ嬉しい?」

認知症のツネオさんはきょとんとした顔で

「そうか休みか?休みなら嬉しい」

「今は週に1日休みやけど、
5日休みやったらもっと嬉しかろ?」

「5日休みかぁ?」

 

ここでハッと気づいたのかヨシコさん。

「でも、休みになると寝てばかりやけ
デイサービスに行かなねぇ~!」

「寝てばかりおるかぁ!」

「いんや、いっつも寝とるやん!
やっぱりデイには毎日行かんとね!」

 

傍で聞いてた私が
ヨシコさんに突っ込みます(笑)。

「あんねぇ、休みたいと聞いといて
休んだらあかんってなかろうが(笑)。
それって目の前にご馳走見せて
食べるなって言っとるようなもんやん!」

「口から出たけ仕方なかろ?」

ヨシコさんは笑ってごまかしました(笑)。

 

認知症は子供の様な所があります。

思いこんだら曲げません。

だから話しかける時には注意も必要なのです。

あとで訂正とか違っているとか言っても
当人は理解できない時があるから誤解を
与える話し方は止めた方が良いと思います。

 

ただし、
言った人にはしっかり突っ込んでやります(笑)!

「へー、エサだけ見せてからかうなんて
悪魔みたいやなぁぁ~(笑)?」

 

認知症も子供も同じです。

その気にさせてひっくり返しては良くないです!

どうせその気にさせるのは
良き方向へ進ませた時に使いましょうね♪

「デイサービスに行ったら
女の人が親切にしてくれるけ楽しかろ?
毎日でも行きたいやろねぇ?」

 

ヨシコさんがこのことを早くに理解していたら
弟も私もその気にさせてもろうて
オリンピック選手か芸能人だったかも(笑)?

 
今日のキーワード:
『その気にさせる言葉は
 良き方向へ向けるために使う♪』

 

 

只今、特典教材を無料プレゼント中!

子育て中の親がつい言ってしまう
「早くしなさい!」「ちゃんとしなさい!」が
子供に与える影響と
子供自らが納得して行動する方法
『子育て~自分で考え行動させる~』を
音声でプレゼント。
『成功のスイッチ』を動画でプレゼント中♪

下記のURLよりお申し込みください。
http://mail.os7.biz/m/OmC5

 - 自分と親, 認知症と介護