自分育ての人間関係~悩むのもヨカ、楽しむのはもっとヨカ♪~

人間関係を楽しくすれば人生が面白くなってくる♪

*

子供の幸せは親の価値観に左右される事があるって?

      2017/04/22

 

今日のキーワード:
【親の価値観は子供の人生に大きな影響を与える】

 

いつもありがとうございます。
お話しに入る前にブログランキングURLを
クリックしていただけると嬉しいです。
http://blog.with2.net/link.php?1843522

 

こんにちは、有山隆文です。

 

前回は躾けなくても子供は自然に
周りの大人を見て育つとお伝えしました。

この記事は↓
http://arichan117.com/blog/oyako-55/

 

子供は特に親の価値観にとても影響されます。

 

親がどんな価値観を持っているかは
子供の人生を決める価値観を作る事もあるのです。

 

例えば親が
『人に嫌な思いをさせてはいけない』という
価値観を強く持っていていつも子供に
言い聞かせていたらどうでしょう?

 

人と仲良くするやさしい子になる可能性が
とても高くなると思います。

 

これは社会で生きていくには必要な事で
もちろん子供の幸せにも繋がることです。

 

では、デメリットはどうでしょう?

 

「なに言ってるの?
これは良い価値観でしょう!⇒強調」

 

そう言われたこともあります、私の親に(笑)。

 

でもね、私自身が子供の頃から言われ続け
ずっと悩んでいたのが自分の感情を
うまく相手に伝えられないと言う事なのです。

 

『自分の感情や思っている事を相手に伝えて
嫌な気にさせたらどうしよう・・・』

 

そんな事をいつも考えていました。

 

例えば友達との食事でメニューを決める時も
「自分のメニューが遅くなってはいけないから」
とみんなに合わせる事が多かったのです。

 

「あ、俺も一緒でいいよ!」

 

本当は食べたいものがあっても(笑)。

 

若い時は仕事でも上司ががそう思うのなら
現場の俺が我慢してやれば良いだけの事だと
自分の意見や考えは言わないでいる事が多かった。

 

ここにある価値観は
『自分が我慢すれば相手に
嫌な思いをさせなくて済む』でした。

 

親から受け継いだ価値観
『人に嫌な思いをさせてはいけない』を
ずっと言われて育ったから子供なりにそれを
発展させて『自分が我慢する』を
いつの間にか付け加えてしまったのです。

 

どうしてそうしたのかはわかりませんが
たぶん親の期待に応えたい、悲しませたくないと
思っていたような気がします。

 

でも我慢するそれが強くなってくると
中学までは何とか許容範囲だったのですが
高校からは逆に苦しくなってきたのでした。

 

自分の感情や思いを上手く伝えられないのが
ストレスになって親との確執が始まったのです。

 

もう家を出たくて、
親と離れて自分一人で暮らしたい思いが
どんどん強くなっていって高校を卒業する頃には
とうとう親との対決になったのです(笑)。

 

さて、、、ちょっと長くなったので
このつづきはまさかの次回に(笑)!

 

親が子供にどんな価値観をどうやって伝えるか?

 

そんな事に繋げていくのでお楽しみに♪

 

今日のキーワード:
【親の価値観は子供の人生に大きな影響を与える】

 

・・・つづきはメルマガで・・・
メルマガではちょいと深~いお話も(笑)♪
このURLをクリックしてくださいね。
http://mail.os7.biz/m/OmC5

 

さあ、
今日も素敵な一日にしましょうねぇ~♪

 

 

 - 価値観, 自分と子