自分育ての人間関係~悩むのもヨカ、楽しむのはもっとヨカ♪~

人間関係を楽しくすれば人生が面白くなってくる♪

*

悩みよさらば!負のスパイラルからの脱出方法♪

      2016/01/22

121023 057_1600

あなたは悩んだ時にどうしていますか?

そのまま自分の中で答えを探しますか?

それとも
信頼できる誰かに相談しますか?

その時の状況や感情によっても
どんな方法をとるか違ってくると思いますが、、、。

 

悩むことが悪いと言っているのではありません。

もしあなたが悩みを嫌うのであれば
発想の転換をすることで観方が違ってきます。

悩みは人の器を大きし成長進化するために
外せない必要な事だと考えたらどうでしょう?

「私を成長進化させるために今、私は悩んでいるのか!」

 

自分を外から観るって、
ちょっと面白いと思いませんか?

ひとつ気を付けるのは自分を否定して
底なし沼の悩みの負のスパイラルに落ちこまないこと。

悩みの中にいるとどうしても
悪い方を思い浮かべてしまいがちですからね。

それがどんどん不安を
大きくしていくのが負のスパイラル。

これに陥っているのを
自分ではなかなか気がつきません。

 

例えばテレビでリストラのニュースが流れたら
こんな思考に陥るとどうでしょう?

「リストラされたらどうしよう!」

「収入がなくなって家のローンが払えなくなる」

「生活も困るし子供の学費だって払えなくなる!」

「そうなると一家離散だって起きかねない!」

「ああ、困った・・・・。」
まるで連想ゲームのように
自分自身で不安をかきたて大きくしています。

今現在確定してない、
不安が作り出した幻想の未来だと
わかっていても不安を消すことが出来なくなります。

悩みというマイナスのエネルギーを
不安を大きくすることに使っているからです。

 

マイナスのエネルギーが悪いのではなく
どう使うかが問題なのです!

プラスもマイナスもエネルギーには変わりはなく、
マイナスに使うと負のスパイラルに落ちこみ
悩みを繰り返し不安の未来にしてしまいます。

プラスに使うと前に進む力となり
その後の展開が大きく違ってきます。

では、どうやって負のスパイラル
に陥らないようにすればいいのでしょうか?

それは悩みの正体を知ることと
自分が悩んでいることをはっきり自覚する事です。

 

漠然と悩んでいると不安になります。

悩んでいる事を自覚すれば客観的に見て原因と
対策を考えることが出来るようになってきます。

 

では、どうやるのか?

まず一人になれる静かな場所を用意し
静かに深く腹式呼吸をし自分に向き合います。

STEP1:
「私は今こんなことで悩んでいるんだ」と声に出し
思いつく原因を紙に書き出します。
この時、不安の感情をメモしておきます。

自覚するために声に出し紙に書き出す行為が大切です。
悩みのマイナスエネルギーを身体を使う事に向けるのです。

STEP2:
その原因が取り除かれたら
どんな状況になって欲しいかを想像し紙に書きだします。
この時の感情をメモしておきます。

STEP3:
思い描く状況になるには
「どうしたらいいのだろう?」と
さっき書き出した不安から希望の感情を比べ
希望の感情にフォーカスします。

自分に問いかけ実行方法を探し出し書き出します。
STEP4:
一番効果的で今すぐできる方法を決めて声に出します。
これも負のエネルギーを身体を使う事に向けて
切り替えのスイッチにします。

そしてすぐに出来ることを実行します。
すぐできる簡単なことから実行するのがポイントです!

 

悩んでいる自分を離れて客観的にみることで
負のスパイラルに陥るのを防ぐことができ
不安のエネルギーを希望のエネルギーに
切り替えるこができます。

こうすることで悩むことがあっても
負のスパイラルに陥らずにすみ
そのエネルギーを希望に向けることができるのです。

 

希望が観えればあなたは大きく行動し
どんどん成長進化していくことができます!

あなたの未来は輝いてキラキラになることができます!

悩んだ時は紙とペンがあれば大丈夫ということです!

 

 

 - 価値観, 自分と自分