自分育ての人間関係~悩むのもヨカ、楽しむのはもっとヨカ♪~

人間関係を楽しくすれば人生が面白くなってくる♪

*

相談は依存でなく信頼で!

      2016/08/03

070704 009_1600

 

今日のキーワード:
【決める権利を放棄するな!】

 

いつもありがとうございます。
お話しに入る前にブログランキングURLを
クリックしていただけると嬉しいです。
http://blog.with2.net/link.php?1843522

 

前回は
【自分が決めるから新しい展開に繋がる!】
とお伝えしました。

この記事はこちら↓
http://arichan117.com/blog/tomodachi-24/
依存されるって
ある意味では頼られ相談される事とも取れます。

以前の私はこの辺の線引きが甘くて
相手がどんな意図で言っているのかを
まるでわかってないことがありました。

 

依存する人の奥には
『自分で責任を取りたくない』という
思いがある事も多いのです。

 

「あなたが言ったからそうしたのに!」

 

思う結果が得られない時に
こんな言葉が返ってくる時、

「ああ、俺にもっと力があれば・・・」

なんて自分を責めていました。

 

失敗の原因を自分のせいだとして
相手の期待に応えるには自分を
もっとスキルアップして強くならねばと
真剣に思っていました。

相手の問題を自分の問題としていたのです。
今思うと
これはこれで自分のスキルアップに
繋がったのですが好意をもっていた人は
しだいに離れていきました。

だから余計辛かった失恋物語でした(笑)。

 

こんな経験から『依存』には要注意と
ようやく信頼と依存の線引きを
意識するようになったのです。

そして
これは人間関係においてとても大切な事です。

 

誰しも少しの依存はありますが
そのベースには信頼がなくてはなりません。

この信頼があるから関係性が作られていきます。

 

相手が依存しているかどうかを見るには
こういう方法もあります。

「ねえ、どうしたらいい?」

と尋ねられたら

「君はどう思うの?」

と答えてみましょう。

これで相手が真剣に考えないようだったら
真剣に依存している可能性が高い(笑)。

 

信頼しての相談なら
「一緒に考えてくれてありがとう」と
真剣に考えると思います。

 

依存はほとんどの場合お互いの為にはなりません。

それは
人生における『決める』という
自分にしかできない権利を放棄しているから。

決めるのは苦しい時もありますが
それを乗り越えるから成長していくのです。

 

結果的にこの事に気づいたので
離れていった好意を持っていた人に感謝ですね(笑)。

 


今日のキーワード:

【決める権利を放棄するな!】

 

追伸:
新しい電子書籍を出版しました。
『心の原風景 小さな夏物語』

子供の頃の思い出を元に
物語が生まれました。

想い出には意味がある。
その意味を読み解けば
生きる勇気が湧いてくる!

Amazonページ
http://mail.omc9.com/l/01KuRZ/WxzxhSD3/

 

 

・・・つづきはメルマガで・・・

さあ、
今日も素敵な一日にしましょうねぇ~♪

 

★質問やもっとここを聞きたいなどがありましたら
コメントやお問い合わせをご利用ください!
ニックネームでもOKですよ!

★★ありちゃんの電子書籍♪
Amazonのページへ
http://goo.gl/4m5I9g

 

 - 価値観