自分育ての人間関係~悩むのもヨカ、楽しむのはもっとヨカ♪~

人間関係を楽しくすれば人生が面白くなってくる♪

*

家族の人間関係~ちゃんとしないってイライラした時~

      2016/04/06

120330 002_1600

突然ですが質問です。

あなたが夫や子供に何かを依頼した時に
気のない返事ばかりでやってくれなかったら
どんな感情を持ちますか?

 

「もう、だらしない!」

「ちゃんと守らないんだから!」

「先が思いやられるわ!」

 

いろんな反応があると思いますが
もし怒りだったら話を聞いてくださいね。

 

あなたが怒りを感じたのなら
それはすぐに相手にぶつけるのではなく
いったん受け止めましょう。

なぜなら怒りは直接的な感情ではないからです。

 

どういうことかと言うと
あなたが何かのルール(価値観)をもっていて
それにそぐわないから怒りの感情が
湧き出した二次的なものだからです。

 

この価値観が家族に理解されない限り
同じような場面が繰り返しやってきます。

 

例えばあなたが
「玄関で脱いだ靴はちゃんと揃えてね」と
いつも家族に依頼していたとします。

でも夫も子供たちも脱ぎっぱなしで
玄関には靴が散乱しています。

それを見るたびにあなたはイライラします。

 

「ちっとも言う事を聞かないんだから!」

 

あなたは自分で靴をそろえながら
ますますイライラを大きくしてしまいます。

 

この怒りをすぐに家族に
「なんでちゃんと靴を揃えないの!!」って
ぶつける前にちょっと一呼吸。

 

『怒りは二次的な感情』という言葉を思い出して
自分に問いかけてみてください。

「この怒りはどこからきたの?」

するとこんなルールがうかんでくるかも。

 

『靴はちゃんと揃えなくてならない』

 

このルール(価値観)はあなたが
持っているもので家族が
全員もっているものではないのでしょう。

 

ここでちょっと考えて欲しいのは
靴を揃えなくてはならない理由です。

・靴が散乱していると後から来た人の邪魔になる
・乱れた玄関はお客様に良い気持ちを与えない
・自分の物を整理出来ない途半端な人と思われる
などなどいろいろ思いつくでしょう。
この価値観を捨てろというのではありません。

これは私にも家族にも大切だと考えるなら
理解してもらう必要があります。

 

さて、どうしたら良いでしょうか?

STEP1:伝える

「あのね、お母さんは
玄関を見ればその家族の人柄がわかるって
本当だなあと思ってるの。
なぜなら、自分の靴を整理できないのは
甘えてるなぁと思う。
あなたたちには自分の事は
自分で整理できる人になって欲しいの」

はっきり伝えること!
STEP2:工夫する

例えば玄関の床に足形シールを貼るとか、
テープで四角に区切って場所を決めるとか、
大きめの各自の専用の靴ボックスを置くとか
やりやすくする工夫を考えましょう。
STEP3:出来たら褒める

子供でも夫でもちゃんとできたら
ぎゅーっとするのもOK,大げさに褒めましょう。

その時に嬉しいと自分の感情を伝えます。

 

伝える⇒工夫する⇒褒める

このサイクルを繰り返していくと
やがて玄関はすっきり整理されます。

お母さんのイライラもスッキリ解消して
家族円満ニコニコ団らんと言う具合です。

 

あなたの価値観が大切なものなら
理解してもらうのが一番効果のある方法です。

そしてそうやって身につけた
有益な価値観は子供の将来に役に立つでしょう。

たぶん夫の将来にも役に立つと思いますよ(笑)。

 

さあ、
今日も素敵な一日にしましょうねぇ~♪

 

★子育て中の親がつい言ってしまう
「早くしなさい!」「ちゃんとしなさい!」が
子供に与える影響と
子供自らが納得して行動する方法
『子育て~自分で考え行動させる~』
音声でプレゼント。
『成功のスイッチ』を動画でプレゼント中♪

下記のURLよりお申し込みください。
http://mail.os7.biz/m/OmC5

 - 価値観, 自分と子