自分育ての人間関係~悩むのもヨカ、楽しむのはもっとヨカ♪~

人間関係を楽しくすれば人生が面白くなってくる♪

*

人間関係~人見知りもそんなに悪くはないよ~

      2016/04/02

DSCN2119_1600

昔、私は人見知りでしたっていうと
「うっそだぁ~!」ってケラケラ笑われます(笑)。

 

でもね、高校くらいまで友達の中にいても
自分の居場所が良くわからず居心地が悪かった。

ちょうど中学や高校に入学して
知らない人の中で同じ学校出身の
そんなに親しくなかった顔を見て
なんかほっとして話しかけるのに似ています。

 

自分で話すのが苦手と思っていたから
何を話題にしていいかわからないし
言葉も出てこなかったのです。

だからいつも聴く立場になってました。

 

長年そんなことやってましたが
ある時ふっと気がついたのです(笑)。

「あれ?俺って観察者になってるやん!」

そう、人の話を聞くうちにその人を
自然に観察できるようになっていたのです。

 

その人の表情、口ぶり、目線なんかで
何を言いたいのか、今どんな気持ちかが
何となくわかるようになりました。

もちろん完璧ではありませんが、
ちょっとでもわかってきたのが
少しずつ自信につながりました。

 

それまでは相手が何を言っているかも
良くわからず不安で自分が浮いた存在に
感じていたことに気がつきました。

つまり、外ばかり見ようとしていて
自分の状態がわからないから不安だったのです。

 

不安はいろんな要素で成り立っています。

外からの影響によるのではなく、
自分の中で生み出していること。

それに気がつかず、
話すのが苦手と自分で思いこんでいること。

だから
自分から話しかける行動ができないこと。
苦手意識は
自分が生み出し、
自分で勝手に決めて、
自分が行動しない言い訳にして
自分を狭い世界に押し込んでいました。

 

苦手だからと自分を責めてしまうと
気がつかなかったでしょうね。

ここでは自分を責めないし
無理やり人に合わせようともしない。

話すのが苦手だからこそ
聴く立場に自分を置ききってみること。

 

気がついたらまあなんと
どんどん人とお話しできるようになったばかりか
「ありちゃん、おもしろい~♪」と
笑顔で言われるようになってきたのです。

人見知りだったから
大切な事に気がついたのでした。

ありがたいことです。

 

今日のキーワード:
『苦手の中にとことん自分を置き切れば気がつく!』

 

さあ、
今日も素敵な一日にしましょうねぇ~♪

 

★只今、特典教材を無料プレゼント中!

子育て中の親がつい言ってしまう
「早くしなさい!」「ちゃんとしなさい!」が
子供に与える影響と
子供自らが納得して行動する方法
『子育て~自分で考え行動させる~』
音声でプレゼント。
『成功のスイッチ』を動画でプレゼント中♪

下記のURLよりお申し込みください。
http://mail.os7.biz/m/OmC5

 - 価値観, 自分と他人