自分育ての人間関係~悩むのもヨカ、楽しむのはもっとヨカ♪~

人間関係を楽しくすれば人生が面白くなってくる♪

*

踊る阿呆に見る阿呆

   

今日のキーワード
【踊る阿呆に見る阿呆】

 
いつもありがとうございます。
お話しに入る前にブログランキングURLを
クリックしていただけると嬉しいです。
http://blog.with2.net/link.php?1843522
 
お元気ですか、心理カウンセラーの
有山隆文、ありちゃんです。

私が所属するあるFacebookグループで
『cafe hanpo』というイベントがあります。

メンバーが交代でカフェオーナーになり
テーマを決めて自由に進めていくゆるいものです。

初めてオーナーになった人は緊張するけれど
あったかいメンバーに見守られながら
アウトプットの練習にもなります。

私達日本人はインプットは得意だけど
自分の思いを伝えたりコミュニケーションを
スムーズに進めていくのは苦手な方が多いようです。

もちろん私もその一人です(笑)。

これって子供の時から思いをアウトプットする
練習が少なかったからなのかもしれません。

幼稚園や保育園はまだよいのですが
小学校は知識を学ぶ受け身の授業が多くて
積極的に自分を表現する場が少ないのかもと思います。

といって何もしないのではずっとそのまま
表現が下手な大人で過ごしていくことになるので
今からだって練習が必要です。

簡単なようで結構難しい『自分表現』は
いろいろ考えすぎることも原因の一つ。

「こんなこと言うと嫌われないだろうか?」
「どうせ言ってもわかってくれないだろう」
「自分が我慢すれば争いは起こらないだろう」

いろんな思いが浮かんで受け身になってしまう。

でもねこれってほとんどが『○○だろう』という
自分の勝手な推測ですよね?

『嫌うかどうか、わかるかどうか、
 争うかどうか』は相手が決める事であって
まだ起こってもない事を自分勝手に決めつけるのは
おこがましい事だと思いませんか?

「私が決める権利を奪わないでくれ』
って相手に言われたらなんて返しますか?

よっぽどのことがない限り
そのままの自分の気持ちを伝えた方が
スムーズにいく可能性が高くなると思います。

それは何か問題が起こればお互いが
知恵を出し合って解決に向かう行動を取りやすいから。

問題を起こさないのではなく、
お互いの思いをちゃんと伝えすり合わせていくのが
コミュニケーションの基本だと思うのです。

それを理解するのには傍観者ではなく
当事者になると良く理解できるようになります。

『踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊りゃな損、損』

先人たちが残したこの言い回しは
当事者になる事の大切さを言っているのでしょう。

最初は半歩で良いので踊る側になってみませんか?

あなたはどう思いますか?

今日のキーワード:
【踊る阿呆に見る阿呆】

追伸:
私のUdemy動画教材一覧ページが出来ました。
うごくありちゃんを見に来ませんか? 
https://goo.gl/KgSx95
 
新規公開したのはこんな講座です!

『一流アスリートも使っているイメージングパワー!
 心理カウンセラーが教える夢や目標達成するための
 イメージング活用講座』

====================

★有山隆文のUdemy動画教材ページ
https://bit.ly/2EJuLo3
★電子書籍著者ページ
http://goo.gl/4m5I9g
★ブログ『自分育ての人間関係』
http://arichan117.com/blog/
★facebookページ『親の立場子の立場』
https://www.facebook.com/arichan117/
★YouTubeありチャンネル
https://goo.gl/195gaR

★メルマガ『自分育ての人間関係』
登録・解除・メールアドレス変更はこちらです。
http://mail.os7.biz/m/OmC5

====================
配信者   有山 隆文

====================

 - 価値観 , , , , ,