自分育ての人間関係~悩むのもヨカ、楽しむのはもっとヨカ♪~

人間関係を楽しくすれば人生が面白くなってくる♪

*

怒りと笑いはどっちが強い(笑)?

      2018/04/16

 

今日のキーワード
【笑いのパワーを感じろ!】

いつもありがとうございます。
お話しに入る前にブログランキングURLを
クリックしていただけると嬉しいです。
http://blog.with2.net/link.php?1843522

こんにちは心理カウンセラーの
有山隆文、ありちゃんです。

先日、
ちょいとオフクロとやりあってしまいました。

たぶんオフクロの思い通りに私が
動かなかったのでしょうがイヤミを言うので

「どうして欲しいか早く言ってくれる!
イヤミ聞きたくないからね!」

ついついきつく言い放ってしまったのです。

当然、気持ちはモヤモヤイライラ満載です。

これ以上家にいるともっとやりあうと思ったので
カフェに行こうと車で出かけました。

まだ気持ちは鎮まってなかったのですが
カーラジオから流れてきたのは時々聞いている
福岡で放送されている『おもろい家族』!

リスナーから投稿された家族の面白い出来事を
紹介するのですがそれが笑えるのです。

パーソナリティの方が表現豊かに読むのを
聴いていると次第に引き込まれていきました。

「何、それからどうなった(笑)?」

「どうしてそうなるの(笑)?」

なんて独りつぶやいているうちに
カフェに到着しましたが話はまだ続いています。

駐車場でエンジン切って聴きます。

最後のオチには爆笑でした。

「おもしれぇ~♪」

車の中でひとり叫びました(笑)。

そしてさっきまでのイライラな怒りは
すっかり消えているのに気が付きました。

改めて思ったのは『笑いのパワー』でした。

人は怒りながら笑うことはできません。

怒りはそれを思い出す事で
どんどん大きな怒りとなっていきます。

怒るのがいけないのではないのです。

感情を表しても良いのですが
我慢するとその感情は積み重なっていきます

すると根に持つようになってある時大爆発かも?

家族だから何があっても大丈夫だと
信じているから感情をぶつけあえます。

でも、怒りが最高潮の時は
お互いが引かなくなって修復にも
時間がかかるので距離を置くのも良いでしょう。

そんな時に偶然聞いた笑える話が
あっという間に怒りを消してしまったのは
笑いのパワーのすごさですね。

「こんな小さなことは許せるやろ?」

「おまえはもっとおおらかやろ?」

「いろいろあるから家族とちがう?」

「良かったやん、ちゃんと怒れて(笑)!」

いろんな言葉が浮かんできました。

やっぱり『笑う』ことは私たちに
すごく良い影響を与えてくれますね。

もっと笑うことに意識を向けようと思います。

あなたはどう思いますか?

今日のキーワード:
【笑いのパワーを感じろ!】

追伸:
私のUdemy動画教材一覧ページが出来ました。
うごくありちゃんを見に来ませんか?
https://goo.gl/KgSx95

新規公開したのはこんな講座です!

『自分探しはもう卒業! 夢を実現するための
 自分スタイルの目標設定と行動のつくり方講座』

=================
親の立場、子の立場は世の中にいっぱいあります。

親子はもちろん、上司と部下、師匠と弟子
先輩後輩、コーチと選手などなど。

人間関係には感情をいらだたせる時もあれば
そっと寄り添う深い愛を感じる時もあります。

それぞれの役割と意味を理解していると
建前ではない互いの個性を認め合う関係性が
築けてくると思うのです。

価値観や習慣や育った環境が違っていても
多くの人と繋がりを育んでいくことが出来ます。

そしてお互いがが多様な個性を認め合えば
この世界はもっと優しくなっていくと思うのです。

一緒に優しい世界をつくっていきませんか?

=====================
★有山隆文のUdemy動画教材ページ(只今2コース)
https://goo.gl/KgSx95
★電子書籍著者ページ(只今9冊出版)
http://goo.gl/4m5I9g
★ブログ『自分育ての人間関係』
http://arichan117.com/blog/
★facebookページ『親の立場子の立場』
https://www.facebook.com/arichan117/
★YouTubeありチャンネル(只今136動画)
https://goo.gl/195gaR
★メルマガ『自分育ての人間関係』
登録・解除・メールアドレス変更はこちらです。
http://mail.os7.biz/m/OmC5

====================

配信者  心理カウンセラー
有山 隆文
====================

 - 価値観, 自分と親