自分育ての人間関係~悩むのもヨカ、楽しむのはもっとヨカ♪~

人間関係を楽しくすれば人生が面白くなってくる♪

*

負けるが勝ちは弱虫か?

      2018/04/11

 

今日のキーワード
【負けるが勝ち!】

いつもありがとうございます。
お話しに入る前にブログランキングURLを
クリックしていただけると嬉しいです。
http://blog.with2.net/link.php?1843522

 

こんにちは心理カウンセラーの
有山隆文、ありちゃんです。

 

大切な友達からこんな言葉を聴いて
なるほどなぁと思いました。

 

『負けるが勝ち』

 

もちろんこの言葉は聞いたことがありますし
意味も分かりますが自分が実践したかとうかを
思い出せませんでした(笑)。

 

私たちの年代は特にそうかもしれませんが

『負け組になるな!』

『負けたらなにもならない!』

このように教えられ仕事してきました。

 

これがいけないというのではないけれど
心のどこかでいつも自分を叱咤激励していた
しんどさを感じていたように思います。

 

たぶんそんな時は必死の形相で周りの誰かと
競い合っていたような気がしてきました。

 

本当は望んでいない誰かとの競争世界の中へ
自分で入ってもがいていたのでしょうね。

 

『負けるが勝ち』

と言った仲間の顔を思い浮かべると
何かトラブルや問題があった時には
すごく穏やかに相手の人を見つめて
「ごめん、ごめん」と言ったのかもしれません。

 

その一言で張りつめていた空気が柔らかくなって
一瞬で問題も消えてしまった感じがします。

 

表に見えるのは友達の負け、相手の勝ちですが
本当は友達の勝ちなんだと思います。

 

それは何か問題が起きた時に
相手を打ち負かすよりももっと大切なことを
思い出させてくれるからです。

 

『勝負に勝ちたいのか、仲良くしたいのか?』

 

仕事でもプライベートでも自分の意見を
率直に伝えるのは必要でとても大切ですが
そこに勝負を持ち込むとおかしくなってきます。

 

仲良く仕事や生活をしたいのなら必要に応じて
心に少しの余裕を持って『負けるが勝ち』で
花より実をとっても良いのだと思います。

 

あなたはどう思いますか?

 

今日のキーワード:
【負けるが勝ち】

 

追伸:
私のUdemy動画教材一覧ページが出来ました。
うごくありちゃんを見に来ませんか?
https://goo.gl/KgSx95

新規公開したのはこんな講座です!

『自分探しはもう卒業! 夢を実現するための
自分スタイルの目標設定と行動のつくり方講座』

 

=================
親の立場、子の立場は世の中にいっぱいあります。

親子はもちろん、上司と部下、師匠と弟子
先輩後輩、コーチと選手などなど。

人間関係には感情をいらだたせる時もあれば
そっと寄り添う深い愛を感じる時もあります。

それぞれの役割と意味を理解していると
建前ではない互いの個性を認め合う関係性が
築けてくると思うのです。

価値観や習慣や育った環境が違っていても
多くの人と繋がりを育んでいくことが出来ます。

そしてお互いがが多様な個性を認め合えば
この世界はもっと優しくなっていくと思うのです。

一緒に優しい世界をつくっていきませんか?

=====================
★有山隆文のUdemy動画教材ページ(只今2コース)
https://goo.gl/KgSx95
★電子書籍著者ページ(只今9冊出版)
http://goo.gl/4m5I9g
★ブログ『自分育ての人間関係』
http://arichan117.com/blog/
★facebookページ『親の立場子の立場』
https://www.facebook.com/arichan117/
★YouTubeありチャンネル(只今136動画)
https://goo.gl/195gaR
★メルマガ『自分育ての人間関係』
登録・解除・メールアドレス変更はこちらです。
http://mail.os7.biz/m/OmC5

====================
配信者  心理カウンセラー
有山 隆文
====================

 - 価値観