自分育ての人間関係~悩むのもヨカ、楽しむのはもっとヨカ♪~

人間関係を楽しくすれば人生が面白くなってくる♪

*

苦手だと思っているなら得意な自分を出せばいい(笑)♪

      2017/02/22

 

今日のキーワード:
【普段の自分は自分の一部!】

 

いつもありがとうございます。
お話しに入る前にブログランキングURLを
クリックしていただけると嬉しいです。
http://blog.with2.net/link.php?1843522

 

こんにちは、有山隆文です。

 

前回のお話は会話の苦手意識をなくすために
『実践して自分に合うパターンを探す』でした。

 

会話の途中で同意や質問を織り交ぜて
相手の話も聞きながら話を進めると
会話のキャッチボールになります。

 

すると苦手意識が段々と消えてくるのです。

 

どんなパターンが自分に合っているかを
見つければ幅がぐんと広がって
その人との会話が楽しくなりますよ。

 

楽しく話せる相手が増えてくると
苦手だと思っていたのが遠い昔の
想い出のようで何か笑えて来ます♪

 

さて、今回は
『自分をアレンジする』です。

 

会話のアレンジではなく『自分』です(笑)!

 

さて質問です。

「あなたはどんな人ですか?」

「何言ってるの?」

 

そう思うかもしれませんが
初対面の人に解かりやすいように
ちょっと考えてみてください。

 

職業とか肩書とかじゃなく
どんな人かを説明します。

 

例えば私の場合はこうです。

 

「私は人前に出るよりも裏方として
コツコツ仕事をするのが好きです。
派手ではありませんが
粘り強く進めることが出来る人間です」

 

人は自己紹介や雰囲気から
人となりを感じ取り記憶にインプットします。

 

これはこれで良いのですが、
そもそもこの自分がどんな人間かの
説明は真実でしょうか?

 

確かに普段の私は人と接するのは
ちょっと苦手な部分があって
物静かな人だとも思われています。

 

特に初対面の人や
二人きりだと緊張しますからね(笑)。

 

でも、飲み会では饒舌になることもあり
楽しくて明るい人間だと思う人もいます。

 

また、仕事として大勢の前で話す事は
幾度も経験したのでソツなく出来るので
度胸がある話の旨い人間だと思う人もいます。

 

最近は感じた事を
素直に伝えようとしているので
カフェで親切な接客をしてくれたお姉さんにも
「笑顔が素敵ですね」って言えます(笑)。

 

それぞれの場面で初めて会った人は
私をどんな人だと思うでしょうか?

 

それぞれの人を集めて
「ありちゃんはどんな人?」って訊くと
バラバラな人間像が浮かび出ますね(笑)。

 

そうなのです。
実は私の中にはいろんな私がいます。

 

解かりやすく言うと人は誰しも
いろんな人格を持っている多重人格者なのです。

 

普段現れているのはベースの自分。

 

その自分が自分と思いこんでいるのです。
なんかややこしいですが、
あなたの過去を振り返ってみて下さい。

 

普段おとなしいけれど
イライラして急に激怒したり
明るく社交的だけど
急に落ち込んで孤独に陥ったりとか。

 

人は感情に強く影響されますが
元々多重人格のそれぞれの要素を持った人格が
その時現れたと考える方が自然です。

 

この普段とは違う個性の出現を自分自身が
許可してないから戸惑ったり拒否したりして
普段の自分に戻った時に自分を
責めてしまうからややこしくなります。

 

多重人格は当たり前なのです!
そして、、、
と話を続けようと思いましたが
長くなったのでまた次回に(笑)。

 

そして、次回はとても大切なキモの部分を
解かりやすくお伝えしたいと思います。

 

今日のキーワード:
【普段の自分は自分の一部!】

 

・・・つづきはメルマガで・・・
メルマガではちょいと深~いお話も(笑)♪
このURLをクリックしてくださいね。
http://mail.os7.biz/m/OmC5

 

さあ、
今日も素敵な一日にしましょうねぇ~♪

 

 

★有山隆文のメルマガ
日々の生活の中で役に立つ
人間関係改善のちょっとしたヒント
無料メルマガ『自分育ての人間関係』
こちらをクリックすればあなたのお手元に届きます。
http://mail.os7.biz/m/OmC5

★有山隆文のfacebook
https://www.facebook.com/takafumi.ariyama

★有山隆文の電子書籍♪
Amazonのページへ
http://goo.gl/4m5I9g

★有山隆文の無料動画セミナー
YOUTUBEの「ありチャンネル」へ
https://goo.gl/HIhjZZ

 

 - コミュニケーション, 価値観, 自分と自分