自分育ての人間関係~悩むのもヨカ、楽しむのはもっとヨカ♪~

人間関係を楽しくすれば人生が面白くなってくる♪

*

子供の主張をどうしましょうか?

      2017/10/02

 

今日のキーワード
【相手の選択を全否定しないで受け止める】

いつもありがとうございます。
お話しに入る前にブログランキングURLを
クリックしていただけると嬉しいです。
http://blog.with2.net/link.php?1843522

 

こんにちは心理カウンセラーの
有山隆文、ありちゃんです。

 

最近、動画の教材作りに没頭していて
ブログやメルマガまで手が回りませんでした、
ごめんなさい。

 

完成したら出版しますのでお知らせしますね。

 

さて、今日のお話はある出来事にであって
なるほどなぁと思ったのでお伝えします。

 

いつものカフェで案内されるのを待っていた時
前の順番の5歳くらいの女の子を連れた家族連れが
係の人に呼ばれました。

 

「さあ、靴を履きなさい」

お母さんは女の子に促します。

 

女の子は嬉しそうに
靴を履くのですが左右反対だったのです。

 

その時のお母さんと女の子の会話です。

 

「靴が反対じゃない?」

「いいの、すぐそこなんだから!」

「え、いいの?」

「うん、そんな事気にしないの!」

 

女の子は笑いながらお母さんを見ます。

 

お母さんも笑いながら女の子を見ています。

 

なんかほのぼのとした感じを受けました。

 

ありがちな展開では

「ダメじゃない!靴が左右反対でしょ!」

「いいの、そこまでだから!」

「ダメ、ちゃんとしなさい!」

 

女の子が選んだ

「そこまでだからいい」という選択を親が

躾と称して頭から否定してしまうとどうでしょう?

 

女の子が楽しみにしていたカフェでの
食事やゆったりした時間が最初から崩れて
気まずい雰囲気になるのではないかと想像します。

 

お母さんは女の子の主張を笑って受け止めました。

 

これは小さな事だけど大切だと思うのです。

 

躾や社会生活をおくる上でのルールなどを
子供に教えるのはとても大切な事だけど
決めつけ押し付けるのは個性を伸ばすのを
阻害する事になりかねません。

 

この場合、女の子が選択した判断を
お母さんが笑って受け止めたので
二人の間に穏やかな信頼関係を感じたから
私までほのぼのとしたのでしょうね。

 

こんな小さな出来事の積み重ねが
今の時代にはとても大切だと思ったのでした。

 

今日のキーワード:
【相手の選択を全否定しないで受け止める】

 

・・・つづきはメルマガで・・・
メルマガでは時々特別音声でちょいと深~いお話も!
URLをクリックしてメールアドレスを登録してくださいね。
今、登録してくださると特別プレゼントもあります。
http://mail.os7.biz/m/OmC5

 

追伸:

今、facebookページに
「へー、こんな考え方もあるんだぁ」
というような面白い記事を載せてます。

ちょこっと覗いて気に入ったら
いいねやフォローしてくだされば嬉しいです。
https://www.facebook.com/arichan117/

★有山隆文のメルマガ
『自分育ての人間関係』
http://mail.os7.biz/m/OmC5

★有山隆文のfacebook
https://www.facebook.com/takafumi.ariyama

★有山隆文の全電子書籍♪
http://goo.gl/4m5I9g

★YOUTUBE「ありチャンネル」へ
https://goo.gl/HIhjZZ

 - コミュニケーション, 自分と子